活動目的

活動目的

人生の「セカンドライフ・ステージ(後半期から終活期)」にある方々やそのご家族、親族の心身並びに経済的負担の軽減のため、その終末期に携わる関係事業者が事前に協力し、少しでも安堵をもってよりよい「セカンドライフ・ステージ」を送れるよう各地域に「終活の相談窓口」を設置するとともに、その支援業務を遂行するために、関係事業者及び「終活アドバイザー」を養成すること通じて、終活支援をワンストップ(窓口ひとつで全てが完結)でおこなうことを目的としています。

不安や悩みごとの解消

次のようなことで不安に思うことや悩んでいることはありませんか?

  • これからの人生で親族に迷惑をかけたくない。(関係性の変化)

  • 頼りにしていた親族がいなくなった。(親族の体調不良や他界など)

  • 緊急事態が発生した場合の手助けがない。(緊急医療環境の不安など)

  • 相続問題について誰にも相談できない。(法律的知識がないなど)

  • 施設入居時や病院入院時の身元引受人・連帯保証人が確保できない などなど