身元引受人・連帯保証人代行

施設の入居時、病院の入院時の身元引受人・連帯保証人を法人がお受けいたします。また現在入居中だが、身元引受人・連帯保証人が不在になってしまった。

施設の入居手続きや、入院の手続きを行う時、身元引受人・連帯保証人が求められます。

身元引受人・連帯保証人の有無は、老人ホーム・介護施設の入居条件の一つです。身元引受人・連帯保証人を、大きく分けると下記の4つを依頼するためです。①利用料の支払い、②緊急時の連絡先、③施設サービス計画書(ケアプラン)や治療方針の承諾、④入院や死亡時の対応などです。どの施設も入居契約の際は身元引受人・連帯保証人が必要となります。

<一般的な身元引受人・連帯保証人の役割と責任>

【身元引受人とは】

  1. 身元引受人は、入居する人(入院する人)の身柄の引き取りを行います。もしものことがあった場合、どなたかがその身柄を引き取り、ご遺体を適切に処理しなくてはなりません。日本においては、病院でお亡くなりになるケースが大半ですが、入居先の介護施設で亡くなってしまうケースもあります。このような緊急時に、身元引受人が責任を持って身柄の引き取りや(ご葬儀の手配、火葬等)を行う責務を負います。
  2. また、入居していた居室の残置財産の引取り、退去手続き等を行います。亡くなられた後、お部屋に残された物の引き取り、身元引受人"には、「亡くなられた後の片付けや明け渡し」の責務を負います。

【連帯保証人とは】

  1. 連帯保証人は、入居する人(入院する人)と連帯して金銭債務の履行の責を負います。
  2. 例えば、介護施設の家賃や食費などの月額利用料や、入院費及び医療費に関して未払いとなると、連帯保証人もこれらを負担する義務が生じることになります。


サ-ビスに関するご質問、お申し込みは、当法人までお問い合わせください。